気持ちに寄り添ういい仕事、介護リフォームに特化した専門WEBサイトです

排泄環境の整備工事                  甲府市O様

お悩み•ご要望

82歳女性です、昨年暮れに自宅で転倒し、大腿骨頸部を骨折しました。
手術後、3ヶ月にわたり病院で機能回復訓練を受け、いよいよ自宅へ帰る事となりました、排泄や入浴は一人で可能ですが、室内移動は不安定です、しかし自宅は段差もある事と、元々夜間頻尿傾向である事を考えた場合、今の住まいの形態では使い難く生活に不安があります。
段差の解消と手すりなどを付けて移動を楽にしたいと考えています。
 
お悩みの原因とお施主様の提案した解決方法

このご家族は本人と娘さんと長男との三人暮らしです。
それぞれの寝室も独立している事と、母親の移動環境、また就寝や排泄環境整える事を考えた場合、現在の8帖の床段差を無くして近くへトイレを計画することを考えました。
現在の床の間は使ってない事と、外部に面している事から、給水と排水経路の確保も容易なので、専用の居室をフローリングにする工事専用の便所を計画するよう提案しました。
 
生活スタイルの変化

元々あるトイレは手すりもなく、段差もあるため使い勝手は悪い環境にありましたが、自分の部屋に徒歩5.6歩のところに設置出来、大変安心しています。
 
リモデルしてスマイルになった事

夜間でも家族に気を使う事無く生活ができるようになりました。