気持ちに寄り添ういい仕事、介護リフォームに特化した専門WEBサイトです

脳梗塞にて入院 退院直前リフォーム         甲府市N様

お悩み•ご要望

それまで元気だった78歳の母親がある日突然脳梗塞となってしまいました、救急病院を経てリハビリ施設へ転院し4ヶ月ぶりに家に帰る事になりましたが、左半身に軽度の麻痺が残り、日常生活も見守りの状態となりました。しかし家に帰ってきても、一人でのトイレや入浴は困難で心配です、また家の中には段差もあるため、転倒の心配もあり、日中一人にして出かけるにも不安があります。
またベッドを置く場所を整備したい事と、水回りを使い易くし、介助が楽に行えるスペースの確保や、移動し易い環境にしたいと思っています
 
お悩みの原因とお施主様の提案した解決方法

既存の住宅は、トイレと洗面、浴室が一体となった配置となっている事と、納戸スペース部分を無くして良いとの事で、将来介護保険を使った介助入浴やシャワー椅子などの福祉用具も使いやすくするため、浴室を大きく計画しました、それと共に洗面脱衣室も広げ、椅子などを置くスペースを確保し、ゆったりとした介助スペースが出来ました。
また、いままで廊下から入っていたトイレも、スペースを大きくし洗面脱衣室より入る事と、廊下からは有効開口寸法1.030mmの3本連動引き戸を計画する事で、「室内移動」を楽に出来るように計画しました。

生活スタイルの変化

健康であるときは、不便と思っていなかった水廻りも、病気により体にハンディがある事により「大きなバリア」となっていましたが、こうして水廻りを中心とした環境を整備したことにより、使い勝手も良くなりました

リモデルしてよかった事

元々人に迷惑をかける事が嫌いな性格なので、思い切ってリフォームしてよかったと思います。
なによりも家族にも少しでも迷惑をかけることなく、一人で出来る事が増えた事が大変嬉しく思っています。


現場ライブはこちらから